商品紹介・業務案内 ≫ 介護リフォーム

高齢者・障害者対応リフォーム・住宅改修

高齢者・障害者対応リフォーム・住宅改修

 

特に不便がないと思っている住まいでも、お年寄りや障害をもっている方たちにはちょっとした段差も体に負担がかかったり、思わぬ事故につながる恐れもあります。
大切な家族が安心、快適に自立した毎日を過ごすことができるよう、介護リフォームをお勧めします。
特に大切なのは、トイレ・浴室・洗面脱衣・台所などの生活にとって必ず必要となる水廻りと外部との通路です。これらを生活しやすいよう改修することで、介助者の心身の負担も軽減されます。

高齢者や障害者のみなさんは、一人一人の身体能力や障害によってトイレ・浴室・洗面所・キッチン等の使用方法が異なります。
それにともなう住環境整備を考えるとき、単なるハード的に手摺を取り付けたり、段差を解消することよりも、ご本人・ご家族とともに医療福祉関係者(理学・作業療法士・介護支援専門員) 建築士・福祉住環コーディネーターなどの人たちと情報交換を行い、支援チームの中で住宅改善をしなければならないと考えています。

○できるだけ自立した生活を送るための家(バリアフリー住宅)
○介護しやすい住宅にするための住宅改造(住宅の介護改修)
○福祉用具等を活用してよりよい快適な生活を(介護負担の軽減)
○誰でも安全に生活しやすい住宅(ユニバーサルデザイン住宅)

 

介護保険における住宅改修について・介護リフォーム

介護保険における要介護又は要支援の認定を受けると介護保険を利用して住宅改修ができます。
住宅改修費の支給限度基準は、20万円を限度に9割給付以内です。

そのほか、「高齢者及び障害者にやさしい住まいづくり推進事業」「高齢者向け返済特例制度」などがあります。
より詳しく知りたい方は、お気軽にご相談ください。

 

※介護保険制度は今後、法改正により変更される予定なので、お住まいの市町村等に確認が必要です。

 

建築士・福祉住環境コーディネーターによる無料相談実施中!!

 

 

施工例はこちら